もっと知りたい日本の文化 ~花札の図柄から古典世界をのぞいてみよう~

公開日 2021年10月31日

 能や歌舞伎などの古典芸能、あるいは、美術館の展示などに振れた際、視覚的に把握できたもののなかに、法則や意味、物語
などがあることに気づくと、見る楽しさが幾重にもふくらんでいきます。
 本講座では、アニメや漫画などを通じて現代の人々にも親しまれている花札の図柄を切り口として、その奥に豊かに広がる
古典の連想世界の一端をのぞいてみます。

 もっと知りたい日本の文化ちらし[PDF:736KB]

日時 内容
第1回

令和3年
1224日(金)
午後1時~午後3時

『花札の由来、松・梅のもたらす連想』
 花札のルーツ、なぜ花札を本講座の題材とするのかなどのイントロダクションの
のち、
松・梅のもたらす連想を探ります

第2回

令和4年
21日(金)
午後1時~午後3時

『〈文化〉の捉え方、桜の両義性』
 文学研究の視点から〈文化〉をどのようにとらえるか、お話ししたのち、古典文学
に登場する桜のイメージを探ります。

第3回 令和4年
11日(金・祝)
午後1時~午後3時

『藤・あやめをめぐって』
 図柄のもたらす印象やメッセージを着物の文様などで確認したのち、江戸の人々の
暮らしぶりや、背景の物語に触れていきます。

第4回 令和4年
18日(金)
午後1時~午後3時

『牡丹・萩をめぐって、花札十二ヶ月の謎』
 
能・歌舞伎の演目に取り込まれていく連想のルーツを探るとともに、猪の意外な一面
や、花札十二ヶ月の謎に迫ります。

 

会場

  生涯学習センター・ホール 

講師

  畑中 千晶(敬愛大学教育学部教授)

受講料

  4,000円(全4回)

定員・対象

  15人(申し込み多数の場合は抽選、三鷹市民優先)
  16歳以上の方

申込期間

  11月1日(月)~11月30日(火)【必着】

申込方法

 「講座申込システム」または「往復はがき」 いずれかの方法でお申し込みください。※申込方法によって受講料の支払い方法が異なります。

 講座申込システム
 
受講料の支払い方法:オンラインでクレジット決済(ご来館不要)​​​​​​または 窓口にご来館
  こちらからお申し込みください。

 往復はがき
 
受講料の支払い方法:窓口にご来館
  1)講座名、2)住所、3)氏名(ふりがな)、4)年齢、5)電話番号、6)この講座を何でお知りになったか をご記入の上、
  〒181-0004 三鷹市新川6-37-1 元気創造プラザ4階 三鷹市生涯学習センター「日本の文化講座」係
  までお送りください。

抽選結果の通知

  12月3日(金)予定

  ■システムを利用して申し込みをされた方
  ・受講者登録済の方、お申し込み時にE-mailアドレスを入力された方
   抽選結果の通知メールが送られます。

  ・E-mailアドレスを入力していない方
   こちらに電話番号と抽選確認用パスワードを入力し、結果をご確認ください。 

  ■往復はがきで申し込まれた方
    当落にかかわらず、結果を返信はがきでご連絡いたします。

受講料のお支払い期間

  結果通知日~12月17日(金)※受講料は前払いです。
  当選された方はこちらをご覧ください。当選された方へのお知らせ[PDF:328KB]

受講料のお支払い方法 

  講座申込システムでお申込みの場合(申込時に①か②を選択してください)
   ①オンラインでのクレジットカード決済(利用可能カード Visa、MasterCard、American Express、JCB)
    
※ご来館の必要はありません。
   ②生涯学習センター窓口に来館(受付時間9:00~19:00)
  

  往復はがきでお申込みの場合
   ①生涯学習センター窓口に来館のみ(受付時間9:00~19:00)

  ■お支払い後の受講者のご都合による受講料の返金はできませんのでご了承ください。

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

・館内ではマスクを着用してください。
・入室時に検温を行います。37.5℃以上の方は受講できません。
・咳、のどの痛みなどがある場合は参加を控えてください。
・感染状況によっては事業の内容変更、日程の延期や中止となる場合があります。
 最新情報はホームページに掲載しますのでご確認ください。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード