【みたか学(郷土史)】みたかのアウトラインを歩く(中原編)

公開日 2021年09月04日

 何となく知っているけど、詳しくは知らない。みたかについてのあれこれをこの際きっちり学び、みたかについて考えるのが「みたか学」です。今回は郷土史の分野から、中原の歴史を学び、市境を歩いてそのアウトラインをつかみます。

※新型コロナウイルスの影響により、延期または中止となる場合がございます。予めご了承ください。

みたかのアウトラインを歩く(中原)チラシ[PDF:802KB]

タイトル・日程

(1)中原(上仙川・中仙川)の歴史(座学)

 長く三鷹の農村地域の原風景を維持してきた中原およびその周辺地域も、戦後の都市開発の波により、
公団住宅の出現、中央道開通など、著しい変貌を遂げています。戦国期から江戸初期の仙川郷の諸相と
共に、500年の歴史を辿ります。

【日時】10月24日(日)午前10時~正午

 

(2)中原の市境を歩く(現地ウォーキング、約4km)
   
~中原のアウトラインを実感しよう~

 新川天神山青少年広場(新川2-5-38)から、中仙川西原交差点(中原3-14、東町三丁目バス停付近)までの
調布市との市境を歩きます。(予定)
 まちと歴史の変遷に思いを馳せながら、目には見えない市境を歩いてみませんか。

【日時】10月27日(水)午前10時~正午 ※雨天の場合は11月3日(水・祝)に順延します。

 

会場

  (1)【座学】生涯学習センター ホール

  (2)【現地ウォーキング】現地

講師

  相原 悦夫(郷土史研究家)

受講料

  (1)【座学】500円

  (2)【現地ウォーキング】500円

定員・対象

  (1)【座学】20人(申し込み多数の場合は抽選、三鷹市民優先)・16歳以上の方

  (2)【現地ウォーキング】7人(申し込み多数の場合は抽選、三鷹市民優先)・16歳以上の方 ※座学申込者優先

申込期間

  9月10日(木)~10月3日(日)【必着】

申込方法

 「講座申込システム」または「往復はがき」 いずれかの方法でお申し込みください。

 ・講座申込システム
  こちらからお申し込みください。
  【座学】中原の歴史

  【現地ウォーキング】中原の市境を歩く

 ・往復はがき
  1)講座名、2)参加形態((1)座学のみか、(1)座学と(2)現地ウォーキングの両方に申し込むかを明記)、3)住所、
  4)氏名(ふりがな)、5)年齢、6)電話番号、7)この講座を何でお知りになったか をご記入の上、
  〒181-0004 三鷹市新川6-37-1 元気創造プラザ4階 三鷹市生涯学習センター「みたかのアウトラインを歩く」係
  までお送りください。

抽選結果の通知

  10月8日(金)予定 

  ■システムを利用して申し込みをされた方
  ・受講者登録済の方、お申し込み時にE-mailアドレスを入力された方
   抽選結果の通知メールが届きます。
   ※メールが届かない場合は、こちらで電話番号と抽選確認用パスワードを入力するか、受講者登録済みの方はログインしても結果を確認できます。

  ・E-mailアドレスを入力していない方
   こちらに電話番号と抽選確認用パスワードを入力し、結果をご確認ください。 

  ■往復はがきで申し込まれた方
    当落にかかわらず、結果を返信はがきでご連絡いたします。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード