市民大学総合コース 公開講座『権力と新聞の大問題~メディアから見えてくる政治』

公開日 2020年09月09日

市民大学総合コースでは、年間カリキュラムの一部を、受講生と一緒に一般の方も聴講できる企画として公開しています。
ぜひ、ご参加ください。

 *新型コロナウイルスの影響により、延期または中止の可能性がございます。ご了承ください。

R2_公開講座チラシ[PDF:384KB]

日時

 令和2年10月16日 金曜日

 10:00~12:00(9:30開場)

場所

 三鷹市公会堂 光のホール

 ※会場が生涯学習センターとは異なりますので、ご注意ください。三鷹市公会堂へのアクセスはこちら

講師

      望月衣塑子さん(東京新聞 社会部記者)

1975年、東京都生まれ。東京新聞記者。東京・中日新聞に入社。千葉などの県警や東京地検などで事件を中心に取材。経済部、社会部遊軍記者を経て、現在は森友学園・加計学園問題の取材チームの一員として、取材をしながら官房長官会見で質問し続けている。著書に『新聞記者』(角川新書)、共著に『権力と新聞の大問題』(集英社新書)など。2017年に、平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞を受賞。2019年度、「税を追う」取材チームでJCJ大賞受賞。

対象・定員

 16歳以上の三鷹市民(在学・在勤含む)・50名(一般市民枠)※総合コース受講生は、講座の一環として参加します。

参加費

 無料※要事前申し込み。先着順

申込方法

 令和2年9月23日(水)午前9時から受付を開始します。生涯学習センター窓口、または電話0422-49-2521でお申込みください。

 定員になり次第、受付を終了します。※会場の三鷹市公会堂事務室では、受付を行っておりません。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード