【吉田穂高展開催記念講座】版画を摺る楽しみ観る楽しみ

公開日 2019年11月16日

12月7日(土曜日)より三鷹市美術ギャラリーで開催される吉田穂高展にちなみ、長女の吉田亜世美さんを講師にお招きして版画講座を行います。

1日目は三鷹ゆかりの版画家、吉田穂高氏の人物像や版画の魅力についてお話しいただき、2日目は画家だった吉田穂高氏が版画家に転向した1950年代に盛んに使われた版画を実際に体験します。

 

 吉田穂高展とは・・・・・・

  吉田穂高氏の画業を多角的に捉えた、作家没後25年目にして初めての大回顧展です。

  三鷹市美術ギャラリーで令和元年12月7日(土曜日)~令和2年2月16日(日曜日)に開催しています。

 三鷹市美術ギャラリー

 

 

開催日

2019年12月17日(火) ~18日(水)

開催場所

生涯学習センター 学習室1 

日時・内容

◆第1回 吉田穂高の版画の世界~版画鑑賞の楽しみ

 令和元年12月17日(火曜日) 午後2時~午後4時

◆第2回 モノタイプ版画体験~身近なものを使って版画をしてみよう

 令和元年12月18日(水曜日) 午前10時~午後3時(うち、正午~13時は休憩) 

講師

吉田 亜世美 さん(美術家/吉田穂高氏長女)講師の吉田亜世美さん

講師プロフィール 

 吉田穂高氏の長女。木版画を制作すると同時に、その版木と彫りかすにも着目し空間全体を作品とする「インスタレーション」に使用した。

 2003年、米国ターゲット本社ビル、2008年米国シカゴNIU美術館、2010年米国ミネアポリス・アート・アンド・デザイン・カレッジなどで個展を開催。

 2014年、音と映像も使用したインスタレーションを横浜美術館、米国ワイツセンター(カールトンカレッジ)、サンフランシスコ、アジア美術館などで開催。

 2018年、米国ヒューストンでは谷口吉生設計によるアジアソサエティ・テキサスセンタ-にて水をテーマにしたインスタレーションをエントランスホールに展示した。

定員

20名(申込み多数の場合は、抽選。三鷹市民優先)

受講対象者

16歳以上の方

受講料

4,000円(全2回、教材費含む)

持ち物

筆記用具、(第2回のみ)昼食、汚れてもいい服装・タオル

申込方法

令和元年11月4日(月曜日)~11月25日(月曜日:必着)に、
「インターネット」または「往復はがき」のいずれかの方法でお申し込みください。

◆インターネット

 講座申込システムでお申し込みください。

◆往復はがき

  講座名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、この講座を何でお知りになったかをご記入の上、
 〒181-0004 三鷹市新川6-37-1 元気創造プラザ4階 三鷹市生涯学習センターまで

 

抽選結果の通知(予定)

令和元年11月28日(木曜日)

■システムを利用して申し込みをされた方

 ・受講者登録済の方、お申し込み時にE-mailアドレスを入力された方

  抽選結果の通知がメールが届きます。

 ・E-mailアドレスを入力していない方

  こちら新しいウィンドウで外部サイトを開きますに電話番号と抽選確認用パスワードを入力し、結果をご確認ください。 

■往復はがきで申込された方は、返信はがきで結果を通知いたします。

 

 

3201912001