令和元年度 三鷹市民大学総合コース公開講座

公開日 2019年09月19日

 三鷹市民大学総合コースでは、毎年5つのコースが、地域課題や生活に根差した問題を取り上げ、年間を通じて学習しています。

 今回、市民大学総合コースでは、5コース間の相互交流を図り、またコース学習生以外の市民の方にも受講していただくために

10月18日、19日の2日間に渡り公開講座を開催します。

 市民大学総合コースの魅力を知ることのできる良い機会となりますので、是非ご参加ください。

<三鷹市民大学総合コース>

 市民大学総合コースは5月から翌年3月まで行う年間30回の長期講座で、講師と学習生、学習生同士で議論しあうゼミナール方

式で学習します。

 同じ三鷹に住む方たちが、地域課題について考え、その学びを通じて仲間を作り、その学びを地域活動やまちづくりに広げ、

生かしていくことを目指しています。

 学習生の募集は毎年4月の上旬に行います。

開催日

2019年10月18日(金)、2019年10月19日(土) 10:00(9:30開場)~12:00

開催場所

生涯学習センター ホール 4階

生涯学習センター アクセス 

講演内容

(1)『幕末維新と現代社会』 10月18日(金)10:00~12:00

講師の大石学教授

師 大石 学 さん(東京学芸大学特任教授)

(2)『武装解除 紛争屋が見た世界』 10月19日(土)10:00~12:00

講師の伊勢崎賢治教授

 講師 伊勢崎賢治 さん(東京外国語大学大学院教授)

対象・定員((1)、(2)とも)

 16歳以上の市民(在勤・在学含む。) 各50人 先着順

 ※令和元年度市民大学総合コースの学習生は、講座の一環として別枠で受講できます。

参加費((1)、(2)とも)

 無料

申込方法((1)、(2)とも)

 事前申込不要。当日、直接会場へお越しください。