【タータン展開催記念】スコットランドの魅力~父と子のバグパイプ&詩人ロバート・バーンズ

公開日 2018年10月31日

スコットランドは英国を構成する一つの地域であり、日本から遠く離れていますが、

意外にも私たちの身の回りにはスコットランドに関係するものが数多くあります。

独自の伝統や文化を育んできたスコットランドの歴史や文化について、日本との関係なども交えながらご紹介します。

1日目は、スコットランドの民族楽器バグパイプを実際に聴きながらスコットランド音楽について学び、

2日目は、スコットランドの国民的詩人ロバート・バーンズの代表作を知り、スコットランド全体の歴史や文化などについて学びます。

 

 

 タータン展とは・・・・・・

 多彩なタータンのデザインを紹介するとともに、18世紀英国の銅版画による風俗画・風刺画等を通じて、

 タータンの背景にあるスコットランドの歴史、社会、文化を紹介します。

 三鷹市美術ギャラリーで12月8日(土)~2月17日(日)に開催しています。

 三鷹市美術ギャラリー

 

 

開催日

2019年1月20日(日)、27日(日) 午後1時30分~午後3時

開催場所

生涯学習センター ホール 

日時、内容、講師

◆第1回

・日時

 平成31年1月20日(日) 午後1時30分~午後3時

・内容

【父と子のバグパイプ】

 バグパイプの音の出る仕組み、歴史、東京バグパイプバンドなど

 バグパイプ演奏(「勇敢なるスコットランド」、「アメージング・グレイス」など数曲)

・講師

 大塚 清一郎さん(エッセイスト、元・駐スウェーデン特命全権大使)

 大塚 清輔さん(バグパイプ奏者)

◆第2回

・日時

 平成31年1月27日(日) 午後1時30分~午後3時

・内容

 【スコットランドの魅力】

 スコットランドの歴史・文学(国民的詩人ロバート・バーンズ)

 スコットランドのユーモア

 日本とスコットランドの関係など

・講師

 大塚 清一郎さん(エッセイスト、元・駐スウェーデン特命全権大使) 

講師プロフィール

大塚 清一郎さん(76歳)
 エッセイスト、バグパイプ奏者、元外交官
 1966年、一橋大学を卒業後、外務省入省。初代エディンバラ総領事、ニューヨーク総領事、駐スウェーデン大使等を歴任後、
 2007年退官。2017年秋、瑞宝中綬章を受章。著書に『キルトをはいた外交官』(ランダムハウス講談社)

・大塚 清輔さん(29歳)
 8歳でバグパイプを習い始める。9歳の時、ニューヨークのセント・パトリック・デーのパレードに参加。
 東京バグパイプバンドのメンバーとして父と共にニューヨーク5番街を吹奏行進した。
 中央大学、英国・リーズ大学院を卒業後、外資系企業勤務を経て、太陽光、風力等の再生可能エネルギー関連の企業に勤務中。

定員

30名(申込み多数の場合は、抽選)

受講対象者

16歳以上の方

受講料

1,000円

持ち物

筆記用具

申込方法

平成30年11月12日(月)~平成30年12月21日(金)午前9時~午後9時(最終日は、午後5時まで)に、
「インターネット」または「往復はがき」のいずれかの方法でお申し込みください。

◆インターネット

 講座申込システムでお申し込みください。

◆往復はがき

  講座名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、この講座を何でお知りになったかをご記入の上、
 〒181-0004 三鷹市新川6-37-1 元気創造プラザ4階三鷹市生涯学習センターまで
 

抽選結果の通知(予定)

平成31年1月7日(月)頃

■システムを利用して申し込みをされた方

 ・受講者登録済の方、お申し込み時にE-mailアドレスを入力された方

  抽選結果の通知がメールが届きます。

 ・E-mailアドレスを入力していない方

  こちら新しいウィンドウで外部サイトを開きますに電話番号と抽選確認用パスワードを入力し、結果をご確認ください。 

■往復はがきで申込された方は、返信はがきで結果を通知いたします。

 

 

3201801001