楽しく話し、わかりやすく伝える講演術

公開日 2018年05月01日

 様々な知識や技能を持ち、それを周囲の人々や地域社会に役立てたいと考えているみなさん。

自らの知識や技能、経験を地域に活かし、市民講師として活躍しませんか。

 この講座では、聞き手の視点に立った効果的な伝え方・話し方を、実習を交えて学び、

市民講師の活動に向けた支援をします。皆さまの参加をお待ちしています!

 

「楽しく話し、わかりやすく伝える講演術」募集チラシ[PDF:290KB]

 

 

 

開催日

6月13日(水)~7月11日(水)【全5回】 午前10時~正午

開催場所

生涯学習センター 学習室2 

内 容

◆第1回【6月13日(水)】

 テーマ:何をどのように伝えるのか
 ・誰に、何を伝えたいか? ・どのような方法で伝えるか。 ・受講する目的を明確にする。
 ・「情報収集のコツ」と「話の組み立て方」 ・「主題」と「話題」について

 <演習>
 ・受講生の自己紹介

 話すときの姿勢と態度

 ・口の体操、発声練習

◆第2回【6月20日(水)】

 テーマ:聴き手の心のつかみ方
 ・何を話したいか」より「何が聴きたいか」 ・テレビ時代の聴衆の心理 ・聴き手の集中力を高める方法
 ・最初の3分間で聴衆の心をつかむ方法 ・「あがり」予防法 ・聴衆を味方につける方法

 <演習>
 ・自分の伝えたいことを短く表現する。

 ・聴き手の心をつかむ言葉さがし

 ・笑顔のつくり方

◆第3回【6月27日(水)】

 テーマ:わかりやすく話すコツ
 ・なるほどの心理学 ・カラー動画で話す。 ・具体的に話す。 ・たとえ話、実例を話す。 ・提示物の効果
 ・失敗談の効用 ・TVコマーシャルに学ぶ。 ・聞きやすい声の出し方、マイクの使い方

<演習>
・リアルな話し方(私の趣味、好きな食べ物)

・失敗談のリストアップ

◆第4階【7月4日(水)】

 テーマ:楽しくなければ、伝わらない 
 ・笑いのメカニズム ・笑いの効用 ・
ユーモアスピーチのすすめ ・東京五輪招致プレゼンに学ぶ。
 ・脱線話の効用 ・落語、小話、川柳、大道芸に学ぶユーモア

 <演習>
 ・ユーモアスピーチ

 ・ほめ言葉さがし

第5回【7月11日(水)】

テーマ:話を盛り上げるテクニック
聞きたくなるタイトルの付け方 ・講師肩書きの付け方 ・講演レジュメのつくり方 ・時間配分をどうするか
人気講師の条件 ・生きざま、考えを伝える。

<実習>
・タイトルを考える。

・レジュメをつくる。

講 師

藤井 敬三さん(NPO法人「シニア大樂」講師紹介センター事務局長、日本笑い学会講師)

講師プロフィール

昭和15年、兵庫県生まれ。大手広告代理店に40年勤務。
NPO法人「シニア大樂」講師紹介センターで事務局長を務めるほか、日本笑い学会講師、全日本川柳協会常任理事、
ユーモアスピーチの会主宰、世界航路豪華客船パシフィックビーナス号船内講師など、数多くの肩書きを持つ。
講演実績は非常に豊富で、全国の自治体、病院、学校、カルチャーセンターなどで年70回以上の講演を行っている。
その活躍ぶりは数多くのマスコミにも取り上げられ、NHK教育テレビ「天才!テレビ君」にも出演経験がある。

対象・定員

16歳以上の市民(在勤・在学を含む)20人(定員を超えた場合は抽選)

受講料

無料

会場

三鷹市生涯学習センター 学習室(元気創造プラザ4階)

申し込み方法

5月1日(火)~6月4日(月)午前9時~午後9時(最終日は、午後5時まで)に、生涯学習センター窓口、電話、

講座申込システムでお申し込みください。

【窓口・電話】

 三鷹市生涯学習センター
 住所:三鷹市新川6-37-1 三鷹中央防災公園・元気創造プラザ4階
 電話:0422-49-2521

【講座申込システム】

 こちらからお申し込みください。

当選結果の発表(予定)

6月6日(水)

 

3201806002

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード