【特別講演】天才の脳はどのように創られるのか~アインシュタインから藤井四段まで~

公開日 2017年11月07日

 偉人と呼ばれる「アインシュタイン」、現代の天才と呼ばれる「藤井総太四段」。

これらの人の考え方や言葉から、その脳の能力は、一体どのようにして創られていくのかを分析し、

我々にとってどのような学習方法がよいのか、脳科学の観点から学んでいきます。

 これから学習したいと考えている高齢の方、働き盛りの世代や小さな子どもを持つ子育て世代まで幅広い世代の方を対象とした

講演となっています。皆さまのご参加をお待ちしております。

 

開催日

平成29年12月2日(土) 午後2時30分~午後4時30分(午後2時開場・整理券配布)

開催場所

生涯学習センター ホール 

講師

酒井 邦嘉さん(東京大学教授・言語脳科学者)

講師プロフィール 

 言語脳科学者。専門は言語脳科学および脳機能イメージング。1964年東京生まれ。1992年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了、

理学博士。現在は東京大学大学院総合文化研究科教授、理学系研究科物理学専攻教授(兼任)。

『言語の脳科学』『科学者という仕事』『科学という考え方』(中公新書)、『脳を創る読書』(実業之日本社)など著書多数。

定員

120名(先着順)

入場料

無料

持ち物

筆記用具

申込方法

直接会場へお越しください。

保育付:先着10人(満1歳以上就学前まで)

 保育をご希望の方は、11月19日(日)午前9時から11月24日(金)午後5時までに、生涯学習センターへ直接お越しいただくか、

電話にてお申込みください。