【生涯学習センター】緊急事態宣言期間における施設利用について(7/9更新)

公開日 2021年07月09日

緊急事態宣言期間における7月12日以降の施設利用は次のとおりとなります。

ご利用者の皆様におかれましては、感染対策のさらなる徹底にご協力をお願いいたします。

*まん延防止等重点措置期間(6/21~7/11)から引き続き同様の対応となります。

 

【閉館時刻】

●緊急事態宣言期間

7月12日(月)から8月22日(日)まで 20

 

【施設利用】
 ・夜間区分(19時から22時まで)の利用はできません。
 ・合唱、民謡、吟詠、リトミックなど声を出す活動や、ダンス、管楽器の練習等のご利用は対面や密集を避けて行ってください。
  ※音が他の部屋の活動の妨げになるため、部屋の扉や窓を閉めて使用する場合は、1時間に1回以上使用を休止し、
   扉と窓を開けて換気を行ってください。
   
  ※カラオケのご利用はできません。
  ※飲食を伴う活動は、引き続き利用できません。

【対象施設】
 生涯学習センター(3階会議室、2階多目的室を含む。)

【利用人数の制限について】
 利用可能人数は、引き続き、各部屋の定員の半分以下の人数とします。
  ■各部屋の利用可能人数
   ホール 63人
   学習室1・2・3 各室15人
   学習室4(パソコン室)8人
   学習室5 12人
   学習室6 9人
   学習室7 12人
   和室   9人
   創作室(美術ゾーン)18人
   創作室(陶芸ゾーン)18人

【感染対策の徹底】
 ・体温測定
 ・マスクの着用(できる限り、不織布マスクをご利用ください。)
 ・飲食の禁止(水分補給は可)
 ・大声を出すことや会話はお控えください。
 ・ソーシャルディスタンスを保つ。
 ・アルコールを十分に使用して手指の消毒
 ・利用日までの一週間以内に体調を崩された方は、ご利用をご遠慮ください。
 ・来館中に体調を崩された場合は、お近くの職員にお声がけください。

【その他】
  8月23日(月)以降の対応につきましては、決定次第、ホームページにてご案内させていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。