【開花情報】西広場でハクモクレンが開花しました!

公開日 2019年03月14日

    三鷹中央防災公園西広場の芝生地では、ハクモクレン(白木蓮)の開花が始まりました!

    (撮影日:平成31年3月14日(木))

ハクモクレン(白木蓮)の木近景1(西広場芝生地)

ハクモクレン(白木蓮)の木近景2(西広場芝生地)

ハクモクレン(白木蓮)の木全景(西広場芝生地)

 

 ハクモクレン(白木蓮)は、モクレンの仲間で、真っ白な花が春の訪れを感じさせてくれる落葉高木の1つです。白くて細いたまごのような形の花が美しく、花が開くと風が上品な香りを運びます。ハクモクレン(白木蓮)は別名ハクレン、ハクレンゲとも呼ばれています。  

 つぼみのときは銀色の毛で覆われ、白い美しい花を咲かせます。開花時期は3月から4月です。

 

 

 

 ハクモクレン(白木蓮 モクレン科モクレン属)

  分類:落葉高木 原産地:中国

  樹高:4m   花期:3~4月

  花びらの形:肉厚な花びら 花の向き:上向き

 

 

 3月中旬となり、日に日に寒さが和らぎ、陽光の中に春を感じ始める頃です。

 24節季では、啓蟄(けいちつ)を迎え、冬ごもりをしていた虫たちが目覚める時期です。春を探しに、三鷹中央防災公園にお越しください!!